<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チリの国花コピウエCopihue
b0168151_10533277.jpg出張で南の方の村エル・カルメンというところにいきました。地方に行くとどこでもお食事やプレゼントで大歓迎してくださるのですが、この日はとても珍しいものをいただきました。山道で急に車が止まったと思ったら、真っ赤なお花を手渡されました。チリの国花コピウエです。写真でしか見たことがなかったので感激。本当は法律で採ることは禁止されているそうなので、こっそりカバンに忍ばせて持って帰りました。
[PR]
by violeta0420 | 2011-05-27 13:30 | 南部

ビストロKm.0
b0168151_8145468.jpgもうすぐ転勤されてしまう上司の奥様の送別のため、土曜日にランチ会をしました。場所は前から気になっていたホテルWの地下のビストロKm.0です。ガラス張りの壁にずらーとワインが並べられていて壮観です。

さらに、行ってみて初めて分かったのですが、ここには独自の面白いシステムがあって、お店がセレクトした赤白15種類程度のワインをグラスでお好みの量(40ml, 80ml, 160ml)で飲めるようになっているのです。

b0168151_831512.jpgその素敵なシステム用のマシーンがこれです。専用カードにお金をチャージして自由に飲むこともできると言われましたが、止めときました(笑)


b0168151_962587.jpg何度もウェイターさんを呼んでイロイロな種類のワインを試しながら、おいしいお料理を楽しみました。

前菜:生牡蠣、カルパッチョ、牛肉のタルタル

メイン:チュペ・デ・ハイバ(カニのグラタンのようなもの)、ブフ・ブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮)

デザート:タルトタタン、ブラウニー、プリン

とても楽しかったので今度はカードを買っちゃおうかな♪
b0168151_8591859.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2011-05-21 13:00 | サンティアゴ

ウユニ&サン・ペドロの旅⑤
午後からは月の谷Valle de la lunaの観光です。午前中と同じガイドさんだったので楽しくなりそう♪まずは眺めのよいところへ。
b0168151_133177.jpg

サン・ペドロの街からわずか30分くらい郊外に移動しただけでこの風景です。スケールが違います。
b0168151_1393668.jpg

b0168151_141551.jpg

お決まりの肝試しでこんなところに立ってみましたよ~。キャー怖い(笑)
b0168151_1431440.jpg

b0168151_148076.jpg高いところの次は深ーーーい穴です。急な崖をのぼったところにいきなりぽっかりと開いてました。隕石が落ちた跡と呼ばれているそうです。

うわー、これは本当に怖い、、、。






そして月の谷へ。
b0168151_1572878.jpg

確かに月の表面みたいな地面です(行ったことはありませんが)。変わった形の岩があって、左は3人のマリアTres Mariasと呼ばれています。右は、、、干からびたパックマン?
b0168151_20593.jpg

b0168151_2105433.jpg次はまた深い穴が開いてるところへ。恐る恐るハシゴを下りると、そこにはキラキラ光るものが!

b0168151_2155127.jpg塩の結晶Cristal de salです。わーすごい!こんなの初めてみました。

長ーい時間地面の中で圧力がかかって石のようになったそうです。


ここでガイドさんが持参のピックを取り出し、大胆に塩の結晶を採り始めました(驚)。こんなことしていいのかなーと思いながらも私もやらせてもらっちゃいました。ははは。でも、大きな結晶を掘り出すのはなかなか難しい。地面に落ちた大きくて綺麗な結晶を拾う私の貪欲さに、同僚は苦笑い。。。
b0168151_2214715.jpg

b0168151_2472018.jpgでも本当に水晶みたいに綺麗なんですよ~。

これがこのときの収穫物です。ね、綺麗でしょう?

すりつぶして、ステーキを焼くときにかけたら最高だよ!とガイドさんが言ってたので、いつか試してみたいと思います。


貴重な体験ができて大満足でした。


塩のクリスタル盗掘現場の近くには、昔の作業員住居跡などがありました。しかし、こんなトイレ使えないわー。
b0168151_258285.jpg

b0168151_33084.jpg最後に、丘の上から日の入りをみるために砂丘を登りました。

それほど高くはないのですが、砂地なので歩きにくくて、頂上に着くまで思ったよりも時間がかかってしまいました。



頂上はこんな感じで想像していたよりも狭くて、足を踏み外したら、、、と考えると、怖い怖い。
b0168151_365429.jpg

残念ながら日の入りにはちょっと間に合わなかったのですが、こんなにキレイな景色が見れました。
b0168151_375685.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2011-05-07 16:15 | 北部

ウユニ&サン・ペドロの旅④
早朝5時にホテルを出発して暗闇のなか向かったところはタティオ間欠泉群Los Geiseres del Tatioです。4,500mくらいの高さにあり、サン・ペドロから車で1時間半くらいかかりました。当然、ほとんど寝てました。。。少し明るくなるまで車で待機してから、散策開始。
b0168151_1156182.jpg

b0168151_12130100.jpgあちこちから湯気が出てるけど、間欠泉という言葉からイメージするほどお湯が噴き出してないなあ。「地球の歩き方」には6~7mまで噴き上げるって書いてあるのに。。。

←これが一番元気がよかったやつです。うーむ。

他のはお湯が湧き出しているという感じで、ちょっと期待はずれでした。せっかく寒い中早起きしたのに~。
b0168151_126644.jpg

でも、朝焼けが綺麗でした。
b0168151_10225147.jpg

b0168151_10231668.jpg美しい風景を眺めながら朝食タイム。パンにハムとクリームチーズを挟んで、熱いコーヒーを啜っていると体も温まってきます。

食べてる間に太陽が昇ってきました!日の出を拝むなんて何年ぶりかしらー。

日が出るとともに空気もどんどん温かくなってきます。太陽ってスゴイ。
b0168151_10241170.jpg

朝食後は別の場所を歩いてみました。噴出孔が大きな岩のようになったものや、黒や赤い色のお湯が沸いてるところがありました。
b0168151_10251730.jpg

そしてまたまた露天風呂でーす。当然脱衣所などはなく、みんなタオルを巻いてオロオロ(笑)
右の写真は一番大きな?間欠泉。でも煙ばかりでお湯は噴き出しません。。。
b0168151_1027361.jpg

ちょっとがっかりしながらタティオ間欠泉は終了~。帰り道の途中でガイドさんが車を止めました。ビスカチャ(野うさぎ)発見!最初はどこにいるのかわからなかったけど、がんばって近づいて激写しました。カワイイ!
b0168151_10273323.jpg

車に戻る時にガイドさんが木の枝に絡まったビクーニャ(野生のラクダ科の動物でこの毛で作った毛織物はとっても高級!)の毛を発見して、「これは幸運の印だよ!」と取らせてくれました。インディヘナの人たちはこうしてビクーニャの毛を集めてブレスレットを作るそうです。毛があるってことは本体にも会えるかなーと思いながら進んでいくと、、、いました!
b0168151_10413252.jpg

カワイイ!まるで絵葉書のような1枚がまぐれで撮れました。狂喜してさらに激写。
b0168151_10491497.jpg

今日はツイテルね~と大満足でしばらく行くと、なんと!ビクーニャの群れ発見!20頭くらいいました。ガイドさんもこんなのは珍しいと言ってました。しかし、こんなに沢山いるとありがたみが薄れます(笑)。
b0168151_10574138.jpg

さらに行くと今度は、、、リャマの行列。まるでサファリパークです(笑)
b0168151_1059113.jpg

動物だけでなく珍しい植物もいろいろあって、特に珍しかったのがコケのようにみえるヤレタyaretaという植物で根っこの部分が岩みたいになってます。ハッカのようなレモンのようなスーッとした香りがするのが特徴です。右の写真は樹齢?100年くらいのサボテンということでした。
b0168151_13321812.jpg

b0168151_13431022.jpgb0168151_13475223.jpg途中でマチュカという小さな民芸品村で休憩。変な石像がお出迎えしてくれました。

村の奥の小高い丘には傾きかけた教会がありました。なんだか子供が描いた絵みたい。。。

サン・ペドロに戻ってランチ。アドベAdobeというお店で6000ペソ(約1,200円)の日替わりランチを頼んだら予想外にこんなオシャレな盛り付けで出てきました。お味もとても美味しくて大満足でした♪
b0168151_1351452.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2011-05-07 05:15 | 北部

ウユニ&サン・ペドロの旅③
朝ごはんを食べて外に出て見ると、そこは自然の王国でした!小川には薄っすら氷が、、、。どうりで寒いわけよね~、ブルブル。
b0168151_10362985.jpg

振り返ると崖の下に我々が一晩過ごしたホテルが!(驚)うーむ、やっぱり外観は掘っ立て小屋だわ。。。こんなところでよく電気とお湯がちゃんと使えたものだわ。スゴイ。
b0168151_1037040.jpg

アットホームなおもてなしをしてくれたホテルの皆さんとお別れして、行きには寄らなかったところにも立ち寄りながらチリへと戻りました。
まずは、Laguna Capina。えー、あまり、これといった特徴はない感じですね。立派な山もいっぱいありすぎて珍しくなくなってしまいました。
b0168151_1044237.jpg

次は再びLaguna Coloradaです。今回の方がフラミンゴがたくさんいる~と喜んで、もっとよく見ようと湖畔に近づいたら、なんと雛の死骸がいたるところに!!!自然は厳しいですね。。。
b0168151_10474120.jpg

ぐんぐん山を登って、Los Geyseres(間欠泉)へ。でも、湯気が出ているだけでお湯が吹き上げたりはしません。ちょっとがっかり。
b0168151_10502689.jpg

いきなり天然露天風呂です。気持ちよさそう~。でも着替えるところなどはありません。この女性、出た後どうするのでしょうか。。。
b0168151_10523015.jpg

この天然露天風呂の管理事務所?の建物になんと日本のODAロゴ発見!こんなところにも援助したのね。。。どうせなら脱衣所とか造ってくれたらよかったのに。
b0168151_1054232.jpg

本日の絶景ポイントLaguna Verde(緑の湖)です。本当にエメラルドグリーンで綺麗!でも風が強くてゆっくり堪能できなかったのが残念。オヤツでも食べながらもっと眺めていたかったわ。
b0168151_10571616.jpg

Laguna Blancaを通り過ぎて、ボリビア国境へ。出国時に15ボリビアーノ(約150円)支払い、車を乗り換えてチリに入国、サン・ペドロに15:30頃到着。夕飯にはまだ早かったのでサン・ペドロの街を散策しようということに。考古学博物館、民芸品市場などを冷やかしました。
b0168151_1155375.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2011-05-06 08:30 | チリ以外

ウユニ&サン・ペドロの旅②
b0168151_711387.jpg本日はいよいよ今回の旅のクライマックス、ウユニ塩湖です!が、9:00出発なのに迎えの車が30分待っても来なーい(怒)。フロントで電話を借りて旅行代理店に電話すると、ランチの準備に時間がかかったとかなんとか言い訳。ランチはウユニの街っで食べるって言ってたのに計画変更?ホテルのボリビア人女将?に「ボリビア人はこれが普通よ~。9時に来て欲しいなら8時半って言わなくちゃ」と言われました。いや、私だって30分遅れくらいは予想してたけどー。結局10時頃やっとホテルにお迎えが来ました。ドライバーに「遅かったわね」とイヤミを言ってから、気を取り直して出発!

今の時期は雨季の終わりのため、塩湖にはまだ結構水が残っているので定番の観光スポットIsla de Pescado(魚の島)には行けないと言われてたのですが、こんな光景が目の前に!
b0168151_7155334.jpg

まるで海みたい~。でも塩水のなかを思いっきり車が走ってます。車だけでなくシャベルを持って自転車を押して歩いてる作業員?の姿も。。。
b0168151_7232190.jpg

もちろん我々の車も塩水のなかを突っ切って乾いた場所へ。この塩の山たち、手作業で積み上げてました。お疲れ様です。
b0168151_7253644.jpg

Ojos del Salar(塩湖の目)という塩水が噴き出しているところを見学。結構深そう。。。舐めたら当然だけどしょっぱかったです。
b0168151_7321687.jpg

そして塩の大地がどーーーーんと広がっている人っ子一人いない場所で、
b0168151_738959.jpg

こんなことや、こんなことしてみました(笑)。
b0168151_7395466.jpg

ガイドがくれたポテチに塩湖の塩をかけて食べたり、思う存分塩と戯れた後、12:30頃にHotel de Sal(塩のホテル)へ。どこにいたのか他のツアー客の車もたくさん集まってました。ホテル前に各国の旗が立てられていたのですが、日本のはボロボロ。。。
b0168151_7445930.jpg

塩のホテルPlaya Blancaは今は博物館になっていて宿泊はできないようです。なかに入ると塩で造られた動物?などの像が展示してありました。
b0168151_7481163.jpg

その奥に塩で造られたテーブルとイスがあるスペースがあって、ここでガイドが準備してくれたランチをいただきました♪はい、これが遅刻して用意したスペシャルランチでーす。
b0168151_75151100.jpg

ランチ後、ウユニ塩湖とお別れして、湖畔の村コルチャニColchaniへ。お土産物屋さんがあると聞いてたのですが、3軒くらいしか開いてない。。。しかもみんな製品作成に没頭して売る気全くなし(苦笑)。でも、せっかくなので精製された食用塩を買いました。250gで1ボリビアーノ(約10円)でした。安!
b0168151_824456.jpg

b0168151_813101.jpgウユニの街へ行く途中で使われなくなった蒸気機関車を放置してある場所へ。こんなものをそのままにしておけるなんて、、、土地が余ってるのね。

ガイドが翌日の準備をする間、2時間ほどウユニの街を散策。ちょうどフェリア(露天市場)が出てたので冷やかして時間を潰しました。

そしてVilla Marにある今夜宿泊するホテルMallku Cuevaへ移動。到着したときにはすっかり日が暮れて真っ暗になってました。街灯というものが全くないのです~。

外観は掘っ立て小屋みたいなのであせりましたが、中に入るとなかなか素敵。この壁の岩、なんとホテルの裏にある崖の岩をそのまま利用したものなのです。素敵だけど、、、寒そうね?と不安に思ったらなんと電気毛布完備でした。やれやれ一安心。
b0168151_8174574.jpg

従業員総出(といっても大人4人+子供1人)で大歓迎でお出迎えしてくれ、すぐに夕食も用意してくれました。今夜のお客は私たちだけだそうで。。。4歳の男の子シモン君がテーブルの周りをチョロチョロしてイロイロお喋りしてくれたので楽しい夕食でした。言ってることの半分も分からなかったけど。。。
b0168151_8264877.jpg

写真は撮れなかったけど、天の川や南十字星など星がとーってもキレイに見えました。
[PR]
by violeta0420 | 2011-05-05 10:15 | チリ以外

ウユニ&サン・ペドロの旅①
b0168151_11441284.jpgゴールデンウィークを利用して(5月3~8日)、ボリビアのウユニとチリ北部のサン・ペドロ・デ・アタカマに同僚と行って来ました。初日はサン・ペドロまでの移動。サンティアゴからカラマまで飛行機で約2時間、カラマからサン・ペドロまで車で約1時間半です。

b0168151_11445269.jpg翌日9:00にホテルを出発。チリ側の出国手続きの後、30分くらいのところでボリビア側の入国手続き。ここで車とドライバーがボリビア人に交代。

この間に高度はどんどん上がって、サン・ペドロは2,400mくらいだったのが、国境付近は4,500mくらい。私は元気いっぱいでしたが男性陣2名はちょっと辛そう。。。やはり、オンナは強し?

自然保護区への入場料150ボリビアーノ(約1,500円)を払います。この入場券は帰りも提示しないといけないのでなくさないようにと厳命されました。10:30に最初の観光スポットLaguna Blanca(白い湖)に到着。山とのコントラストが美しい!けど、白いかなー?
b0168151_12103511.jpg

次(写真左)はスペイン人画家のサルバドール・ダリがインスピレーションを受けたというValle de Dali(ダリの谷)。うーん、ま、ちょっと変わった色の山ね?右の写真はLaguna Colorada(赤い湖)。赤いのは微生物と水草の色のためで、この水草をフラミンゴが食べて羽が赤くなるそうです。フラミンゴがいるの、わかりますかー?
b0168151_12303713.jpg

その後も大自然のなかを延々と走り続け、15:00頃Villa Alotaというさびれた村に到着。ここの簡易宿泊所でお待ちかねのランチです。庭ではニワトリちゃんがうろうろしてました。
b0168151_12431499.jpg

でも、メインはチキンではなくソーセージでした。。。とても素朴な食事でしたが、長旅で疲れた胃にはやさしい味でおいしかったです。
b0168151_1335625.jpg

16:00頃Alota村を出発。17:00頃にSan Cristobalという鉱山の町に到着。門に五重の塔みたいなのがある変わった教会がありました。中央市場はとっても小さかったです。。。
b0168151_131133100.jpg

18:30頃やっと今夜のホテルLuna Saladaに到着!塩で造られたホテルなんですが、内装がとってもオシャレでかわいい♪ま、あまりこのスペースは活用されてない気はしますが。。。
b0168151_145832.jpg

私の泊まったお部屋はこんな感じ。ベッドの土台まで塩です。バスルームの壁も塩でしたが、ちゃんとお湯も出ましたし、トイレもお水が流れましたよ。
b0168151_149502.jpg

19:30から夕飯。ここは3,700mくらいあるので、アルコールは我慢してレモネードです(涙)。お料理もとてもおいしくて、サービスもよく行き届いてました。もう一泊したかったな~。
b0168151_1414318.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2011-05-04 09:30 | チリ以外