カテゴリ:サンティアゴ( 84 )

Mちゃん来智④~ワイナリー・インドミタViña Indómita~
今日はワイナリーツアー第1弾です。12時にコンコンConcón(ビーニャのちょっと北のほうにある街)のラディソン・ホテルをチェックアウトして、14時前にワイナリー・インドミタに到着。早速ランチ!

「せっかくだから」(←私たちの口癖)ということで5種類のお料理それぞれに合うワインがグラスで出てくるデグスタシオン・メニューにしてみました。このあとツアーでも試飲があるというのに。。。お値段32,000ペソ(約6,000円)です。

b0168151_9333742.jpg1品目はカプレーゼ・サラダにインドミタ・レセルバのシャルドネ。カプレーゼといってもグラスにチーズ味の泡が入っていて底のほうに刻んだトマトとバジルソースが入っているという斬新なスタイル。このチーズがややクセのある味だったのですが、キリッと冷えたシャルドネと合わせると美味072.gif

b0168151_9344420.jpg2品目はマグロのタルタルにDuetteのシャルドネ。マグロの上にはなんと鰹節が!どこから入手したんだろ。。。左に添えられたソースはタイ料理なんかに使うスイートチリソースでしたが、このソースはいらなかったな。和風なマグロ料理とシャルドネの組み合わせ、おいしかった060.gif

b0168151_935477.jpg3品目はコングリオのマッシュルームソースにDuetteのピノ・ノワール。赤ワインなんだけど、軽めの赤なので冷やすと白身のお魚ともとてもよく合いました。コングリオがぷりぷりでおいしかったな。

b0168151_9363361.jpg4品目はラムとカニのウミータ(トウモロコシの粉でつくったお団子みたいなものにカニ肉が入っていた)にDuetteのカベルネ・ソービニヨンとカルメネーレのブレンド。お料理もワインもどちらも個性が強いので、なかなか難しい組み合わせかなー。このラムがかなりクセが強くて、ラム好きの私たちもちょっと苦戦、、、。

b0168151_9371686.jpg5品目はチョコレート・デザート盛り合わせにZardozのカベルネ・ソービニヨン。さらにっ、レイト・ハーベストのデザートワイン。これで止めを刺されました。チョコレートとカベルネ・ソービニヨンは合いますね~。レイト・ハーベストは冷え冷えでおいしいのですが、甘いのでほんの一口で十分かな。氷を入れて飲んだらいいかも。

あまりにお腹いっぱいでコーヒーをすっ飛ばしてお会計しちゃいました。そしてワイナリー見学ツアーへ。ここのツアーはあっという間に終了して試飲になります(笑)。もったいないですが、苦しくて全然飲めませんでした。。。
[PR]
by violeta0420 | 2010-11-26 14:30 | サンティアゴ

Mちゃん来智①~お土産~
b0168151_6491970.jpgNYに赴任している友人のMちゃんがサンクス・ギビングのお休みを利用してチリに遊びに来てくれました!1年以上ぶりです~。私がお願いしたエッサベーグルの他にも、いろいろ日本のおいしいものを大量に持ってきてくれました。ありがとう!

朝の到着だったのでちょっと家で休憩してから、2階建て赤バスでサンティアゴ市内観光へ。まずはベジャビスタでビールとエンパナーダで再会を祝して乾杯!その後サン・クリストバルの丘に登ろうと思ったら、なんとストライキで閉鎖されてて登れず。実際登ると大したことはないけど、ちょっとがっかり。。。その後はプラサ・デ・アルマスで大聖堂見学、中央市場のドンデ・アウグストでシーフード、モネダ宮殿で記念撮影、サンタ・ルチアの民芸品市場でお買い物という定番コース。夜は帰りにコキナリアで買ったチーズとワインで乾杯!しました。
[PR]
by violeta0420 | 2010-11-24 08:45 | サンティアゴ

日本食祭 Festival Gastronómico
b0168151_23252576.jpg日智文化会館で第5回日本食祭が開催されました。私は今年が初参加。パドル仲間がドリンク・バーを出店するので、そのお手伝いです。他には、お寿司、うどん、焼きそば、お好み焼き、天麩羅、串かつ、焼き鳥、餃子、和菓子、日本食材コーナーがありました。

16:30から準備開始して、18:00開店。お手伝いしながら、しっかり、焼きそば、餃子、うどんを食べ、ビールも飲みました。最近胃腸の調子が悪かったので絶食ぎみだったんですが、急にこんなに食べて大丈夫かなー、ははは。

最後の方にお店をちょっと抜けて、日本食材コーナーでうどんと緑茶のティーバッグを購入しました。この日本食材屋さんは最近開店したお店が出店してたようで、自宅への宅配も1品から可能とのこと。スバラシイ。今度お米がなくなったらお願いしてみようかな。

片付けが終わったのは23:00頃でした。つ、疲れました。。。
b0168151_2326813.jpg

b0168151_2126164.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2010-10-30 18:00 | サンティアゴ

国際民芸品展示会 Muestra Internacional de Artesanía Tradicional
b0168151_21543940.jpgお友達に誘われてParque Bicentenarioで行われている国際民芸品展示会に行ってきました。今年で37回目で毎年行われているそうです。知らなかったわ。入場料3,500ペソ(約700円)を払って会場に入ると、キレイに民芸品が飾られた通路があり、その先の大きなテントに地元チリやラテンアメリカ各国の民芸品のブースがたくさん並んでました。チリのブースの数がやっぱり多いのですが、品質は他の国の物のほうが高いような印象を受けました。ペルー、コロンビア、パラグアイ、ブラジルなどが出展してました。メキシコがなかったのがちょっと残念。ラテンアメリカ以外ではなぜかインドのブースがあり、英語でパシュミナを積極的に売り込んできました(苦笑)。

b0168151_21552165.jpg




一番印象に残ったのはコロンビアのブース。とても親切な女性でイロイロ説明してくれたり、私たちが帽子をかぶったところを写真にとってくれたりしました。しかし、ここでは何も買わず、、、。帽子はとても丁寧なつくりでデザインも洒落たものもあって欲しかったんですが、45,000ペソ(約9,000円)と結構高かったので、、、。申し訳なかったな。

本日購入したのはこの2点。左のは11月に生まれる妹の赤ちゃん用。来年休暇帰国するときに持って帰りますのでお楽しみに。右のはチリのチロエ島名物ジャンボにんにくのペーストです。これでパスタ作ったらすごくおいしいのができそうだわ♪
b0168151_21555255.jpg

[PR]
by violeta0420 | 2010-10-30 14:30 | サンティアゴ

パブロ・ネルーダの家 La Chascona
b0168151_108158.jpg
今日は職場の同僚とセントロにある飲茶の店にランチに行ったので、その帰りに前から行きたいと思っていたパブロ・ネルーダPablo Nerudaの家(博物館)に、赴任1年半にしてやっと行ってきました。いつでも行けると思ってると、こういうことになるんですよねー。パプロ・ネルーダはチリの詩人で1971年にノーベル文学賞を受賞しています。家の正面にはネルーダの詩が刻まれた石碑が並んでいます。

b0168151_10121073.jpgネルーダの家はサンティアゴとバルパライソとイスラ・ネグラにあり、どれも現在は博物館になっています。サンティアゴの家は「ラ・チャスコーナLa Chascona」(「乱れ髪」という意味です)と呼ばれていますが、これはこの家に住まわせた愛人マチルデ・ウルティアMatilde Urrutiaの愛称です。

1953年から建設が始まり、54年にはマチルデが住み始め、55年からはネルーダもここに住むようになったそうです。



b0168151_10133814.jpg           





家は船をイメージして造られたそうで、左の写真のように窓も丸い形をしていたりします。インテリアなども海に関係するものが数多くありました。それほど広いわけではなく、いくつもの小さな部屋が階段や秘密の通路でつながれていて、ちょっと迷路のような造りでした。

b0168151_1020110.jpg右の写真の窓に描かれているモチーフは、パブロのPを月にマチルデのMを山に見立てたもので2人の愛を象徴するものだそうです。ロマンチック~。

b0168151_1026163.jpg部屋の中は撮影禁止だったので写真は撮れなかったのですが、ネルーダが集めたり、もらったりした様々な雑貨や絵画がぎっしり飾られていました。でも、ピノチェトがクーデターを起こした際に、家そのものも、家の調度品や蔵書もかなり破壊してしまったそうで、クーデターの12日後に亡くなったネルーダの遺体を運び込むのも困難なほどだったそうです。

それにしても想像以上にかわいいお家でとても楽しかった♪他の2つのお家も在任中に是非訪ねてみたいと思います。





◎ラ・チャスコーナ La Chascona
  Fernando Márquez de La Plata 192
  http://www.neruda.cl/

[PR]
by violeta0420 | 2010-10-24 14:45 | サンティアゴ

Marriottのパーティー
b0168151_482543.jpg職場の女の子と一緒にMarriottのお客様謝恩パーティーにいってきました。といってもこれまで仕事でマリオット使ったことないんですけどね。今後お世話になる可能性もあるということで。。。

最初はガラス張りの中庭でカクテル。ここで、シルクドソレイユのようなアクロバット・ショーが行われました。チリでもこういうことできるんだーとかなりビックリ。

その後パーティールームに移動すると、あちこちに座り心地のよさそうなソファが置かれたステキな空間が。イスはもうオバ様方に占拠されちゃってましたけど。壁際には様々なお料理をサービスするワゴンがずらーっと並んでおりました。生ハム、スモークサーモン、寿司、パスタ料理、牛のモモ一本丸ごとローストしたものまで!寿司はイチゴを具にしちゃったものもあったりしてイマイチでしたが、生ハムやパスタ、肉はおいしかったです。

部屋の中程にはチーズのテーブルやデザートテーブルが。このデザートがスバラシかったです。チョコレート・ファウンテンもなかなかお目にかかれないですが、クレームブリュレ、レモンケーキ、オレンジムースなどなど、どれも上品な甘さでとっても美味でした。全種類制覇したかったな。。。
b0168151_49744.jpg


ここまでゴージャスなパーティーってなかなかないかも。しかもご招待なので無料なのです!さらに驚いたことに、豪華商品が当たる抽選(当たらなかったけど)や帰りにはお土産としてソーラーパネルつき携帯電話充電器をくれる太っ腹ぶり。マリオット、宿泊料高いだけあって儲かってるようです。。。
[PR]
by violeta0420 | 2010-10-21 19:30 | サンティアゴ

ペルー料理屋Mochica
b0168151_8344676.jpg今日は友人オススメのペルー料理屋Mochicaでディナーです。サンティアゴでおいしいものを食べたかったら、ペルー料理屋に行くのがイチバン!ペルー料理は日本料理や中華料理の影響も受けたので、このような「エビ&お肉入りお醤油味のチャーハン」なんていうのもあって、下手な中華いくよりも断然おいしいです。ペルービール「クスケーニャ」と一緒に堪能しました♪

◎Mochica
  Francisco Bilbao 1315, Providencia
  Tel:341-7166

[PR]
by violeta0420 | 2010-10-08 20:30 | サンティアゴ

チリのお菓子
b0168151_8221741.jpg仕事の関係でチリの地方の方が職場に来た際に、お土産としてくれたお菓子。チリのお菓子は大抵死にそうに甘いので、数週間食べるのをためらっていたのですが、勇気を出して一口食べて見たら、、、意外に素朴な甘さ。直径12センチくらいのソパイピージャというクラッカーのようなものの間に、アルカジョタAlcayotaという謎の果物のペーストが1センチくらいの厚さでぎっしり挟まっていて、ソパイピージャの上には粉砂糖がたっぷり。なんですが、中の果物のペーストがサツマイモのような味なので、それほど甘くないのです。でも、これ全部食べるのはムリ、、、。
[PR]
by violeta0420 | 2010-10-04 12:30 | サンティアゴ

ガラ・ディナー Gala de Damas Diplomaticas
b0168151_10502791.jpg今年は行くつもりは全然なかったのですが、同僚に「参加費は自分が払うから付き合って~」と頼まれて、外交団婦人のガラ・ディナーに出席しました。今年の会場はホテルW。このホテルにはおいしいレストランやオシャレ輸入食材店が入ってるので、どんなお料理がでるかな~とかなり期待して行ったのですが、前菜(牛肉のカルパッチョ)、メイン(メロのソテーほうれん草添え)、デザート(チョコレートムース)という非常にシンプルなコース。味は悪くないけど、45,000ペソ(約9,000円)も払ってこれはちょっとガッカリかも(ま、私は払ってないからいいけどね)。しかし、こんなことなら、食事前のカクテルタイムのおつまみ、もっと食べておくんだったなあ(苦笑)。とはいえ、お喋りしながらお食事とワインを堪能して、思いっきり踊ってカロリー消費して、楽しかったので良しとしましょう。お土産は去年と同じくNaturaの化粧品セットでしたが、今年のはハンドソープやボディークリームなど使えるものばかりだったので、これは大満足でした。同僚はとても楽しかったみたいで、来年もまた参加したいといってました。付き合った甲斐があってよかったわ♪
[PR]
by violeta0420 | 2010-10-02 20:30 | サンティアゴ

カホン・デル・マイポ Cajon del Maipo
カホン・デル・マイポというサンティアゴ中心部から南東に1時間ほどの場所に行ってきました。友人のお父様の会社の保養所に泊めてもらえるということで24日(金)の夜から2泊3日の小旅行。おいしいワインをたくさん抱えていきました。24日はみんな仕事が終わってからなので、現地に着いたのは10時過ぎ。今夜は軽く飲んで就寝かなーと思ってたら、なんとっ、炭に火を熾してチョリソー(ソーセージ)を焼始めました。こんな夜中にチョリパン(アサードのときに前菜?として必ず食べるパンにチョリソーを挟んだホットドッグみないなもの)。。。といいつつ2つも食べてしまいました。ワタクシすっかりチリの文化に馴染んだようです。この日は4時ごろまで飲んでました。

b0168151_11541058.jpg翌日、当然起床したのはかろうじて昼前。昨日は暗くてわからなかったけど、お庭がひろーい!子供のおままごと小屋やトランポリン、ブランコ、滑り台など遊具がいろいろとプールもあります。その先にはアンデス山脈がきれいに見えます。自然のなかで昼から外でビール飲んでまったり。。。

b0168151_11544461.jpgしていると、肉焼き名人が仕事に取り掛かっているのが見えます。はい、当然、今日もアサードです。アサードの良いところは男性が肉焼き作業をしてくれるので、女性はおいしく焼きあがったお肉を肴に飲んでるだけでいいところ。肉はもう飽きたわ~なんていいながらも、こうしておいしそうに焼けてるのを見ると食べてしまいますね。そして赤ワインも進む進む(笑)。エンドレスで飲みながら、いつのまにか出来上がっていたカレーライスを夕飯にいただき、カラオケが始まり、またまた3時までの大宴会。本当に充実した最高に楽しい週末でした!
[PR]
by violeta0420 | 2010-09-25 11:30 | サンティアゴ