★ 桜公園の植樹式 Inauguración del "Parque Sakura"
b0168151_7362088.jpg
今年2010年はチリの独立200周年にあたります。それを記念して、サンティアゴの日本人会と日智商工会議所を中心に桜200本を寄贈する計画が進められていましたが、ついに今日桜公園の植樹式が盛大に行われました。桜が植えられたのは日本大使館があるプロビデンシア区の公園の一角で、噴水のあるとても雰囲気のいいところです。今回初めて訪れたのですが、地下鉄サルバドール駅から徒歩数分とアクセスも良いので、桜が咲いたら最高の癒しスポットになりそうです。

b0168151_82736.jpg桜の苗木はまだ細く小さいので桜の天蓋ができるまでには10年くらいかかりそうですが、、、。今は添え木の方が立派です。サンティアゴ名物のノラ犬君たちは花がなくてもすっかりくつろいでましたけど(笑)。

b0168151_8274057.jpgこの桜の木は在サンティアゴの企業や個人の寄付によって贈られたのですが、寄付をした人全員の名前が記念碑に刻まれています!私もサンティアゴ赴任の思い出作りもかねて、一口寄付させていただきました♪思い出だけでなく、何十年後かに桜の季節にここに来て自分の名前をもう一度見るという老後の夢もできちゃいました(笑)。まずは帰る前に一度でもお花見ができたらいいんですけどね。無事に大きく育ってサンティアゴの名所になって欲しいなあ。

b0168151_82108.jpg
式典では、まず日本側から日本人会の和太鼓の演奏や着物ショーが披露されました。子供たちの和太鼓の演奏はチリ人のお客さんにも「かわいい~」と大好評。着物ショーもキレイで華やかで感嘆の声が上がってました。

b0168151_824238.jpg
チリ側からは、チリの民族舞踊クエカ、次に民族楽器の演奏、最後にチリ北部の民族舞踊が披露されました。プロのダンス、演奏なのでさすがに素晴らしく、桜の植樹式典に来たことを忘れそうなほどでした。北部のダンスはあまり見ないものなので特に興味深かったです。
[PR]
by violeta0420 | 2010-07-10 11:30 | サンティアゴ

<< 誕生会@ペルー料理店Astor... テムコ Temuco >>