★ ペルー旅行1日目 クスコ Cuzco
b0168151_1036424.jpg19日(木)、15:00まで職場で仕事をし、19:15サンティアゴ発、同日22:20リマ着、空港に隣接したCosta del Solホテル泊。翌20日(金)9:00リマ発、10:20クスコ着。クスコは標高3399mにあるので、念のため高山病予防薬のダイアモックスを服用し、ホテルにチェックインしてからちょっと休憩。このホテルLibertadorは植民地時代には政府官僚の邸宅だったそうで、とてもステキな建物。お部屋の窓からは何かは分かりませんが遺跡らしきものが見えました。b0168151_10372061.jpg体慣らしのため、まずはホテルの目の前の太陽の神殿(コリカンチャQorikancha)にいってみました。インカ帝国時代には黄金で飾られた太陽の神殿があったそうですが、スペイン人が土台以外すべて破壊して教会を建ててしまいました。それでも、部分的に残っているインカ時代の素晴らしい石組みや美しい前庭などが楽しめます。が、同行者が途中で貧血を起こしてダウン。幸い、教会内に医務室があったので、酸素吸入&休憩してすぐに元気になりましたが、やぱり高地は無理してはダメだなと反省。反省しつつも、そのままランチのために市の中心部アルマス広場Plaza de Armasまでタクシーで移動。タクシー代は3ソル=約1ドルと非常に安かったです。アルマス広場からすぐの日本人が経営するPucaraというペルー料理レストランへ。ニンニクのスープ、アヒ・デ・ガジーナ、アンティクーチョ(串焼き)の盛り合わせなどを食べました。本当はピスコサワーを飲みたかったけど、高地でアルコールはご法度なので、インカコーラ(黄色くてオロナミンCみたいな味がします)で我慢しました。ランチ時にも同行者が貧血を起こしてしまったので、一旦ホテルに戻って休憩しました。私?全く元気でした(笑)が、念のためお昼寝しました。
b0168151_12124070.jpgさて、暗くなる前に少し観光しようということで、クスコ郊外のサクサイワマンSacsayhuamanという遺跡に行くことにしました。歩いても30分程度でいけるようですが、やはり高地で無理をすると大変なので、タクシーで行きました。ちょっと小高い丘の上にあります。要塞跡と考えられているこの遺跡は、巨石でできた3層の石組みが22回のジグザグを描いていて、長さは360mあるそうです。この遺跡だけしか見る時間がなかったのですが、近郊の4つの遺跡が見られる共通入場券70ソル(約2,300円)を買うしかなかったのでちょっと損しちゃいました。遺跡に入るとガイドの売込みがきましたが、時間がなかったので断り、適当にぶらぶら散策しました。遺跡前の広場にはリャマを連れた民族衣装姿のおばちゃんがいましたが、一緒に写真をとると代金を請求されるので、遠くから望遠でこっそり撮影しちゃいました(笑)。b0168151_13254945.jpgアルマス広場に戻って、カテドラルへ。今回はガイドを雇ってじっくり内部を見学しました。カテドラルは3つの教会から成っていて見どころも満載でした。中でも面白いのはインディオ系の画家が描いた「最後の晩餐」。メインディッシュはなんとクスコ名物のクイ(テンジクネズミ)の丸焼きになってます!カテドラル見学を終えて外に出ると、もうすっかり日が落ちていて、カテドラルも綺麗にライトアップされてました。b0168151_13262432.jpg次に向かったのは「12角の石」がある通りです。石を見つけるのに苦労するかと思いきや、人だかりができてるのですぐに分かっちゃいました。近くにインカ皇帝の格好をした監視員もいました。夕飯はアルマス広場に面した老舗ペルー料理店Paititiへ。体に負担がかからないようにスープと前菜だけを頼んだのに、レギュラーサイズのピスコサワーをサービスで出してくれました。普段なら喜んで全部いただくところですが、泣く泣く3チビくらいで我慢しました。帰りには小さい民族衣装人形のブローチもくれたりサービス満点、お店の中の壁の一部がインカ時代の石組みになっていて雰囲気も◎、何といってもお料理がすごくおいしいのでオススメのレストランです。クスコに行かれた際は是非。




◎Paititi
  Portal Carrizos 270, Plaza de Armas, Cusco, Perú
  Tel: +51-84-252686
  http://www.restaurantpaititi.com/es/

[PR]
by violeta0420 | 2009-11-20 08:30 | チリ以外

<< ペルー旅行2日目 マチュピチュ... マイアミ Miami >>